介護ベッド 引越し 台風

引越しと台風

引越し 悪天候

 

最近の日本では、大型の台風や記録的な豪雪に見舞われることもあります。
そんな日に引越しが当たった場合、どのように対処するのでしょうか?

 

通常の雨や雪であれば、引越しが中止になるということはまずありません。
引越し業者が雨のたびに仕事を延期していたら、仕事が回らなくなるからです。

 

家の中に防水シート敷いたり、濡れた家財を頻繁にタオルで拭いたり、靴下の替えをたくさん持って行ったりと工夫してこなすそうです。

 

しかし近年の大型台風や記録的大雪は事情が違います。

 

トラックが横倒しになったり、動かなくなるような、命に関わる荒天の場合は引越し業者との話し合いで対応を決めます。

 

もし引越し日に台風が直撃するという予報が出たときは、引越し業者からの連絡を待たずに早めにこちらから連絡しましょう。
引越しの前日と当日の中止はキャンセル料を請求されても文句が言えない時期なので、連絡は早めに入れるべきです。

 

話し合いで引越し日を変えるのか、時間をずらすのか、いろいろ検討を重ねて決めてくださいね。