介護ベッド 引越し

1番簡単で安い介護ベッドの引越し方法

介護ベッド 引越し

介護用ベッド 引越し

介護 ベッド 引越し

リクライニングベッド 引越し

ベッド 引越し

介護ベッド 引っ越し

 

1番簡単で安い介護ベッドの引越し方法を教えます。

 

最近は自宅での介護を希望するお年寄りが増えています。
介護ベッドを自宅に置くことも珍しくありません。
介護ベッドは大きくて重いので、自力で運び出すのは大変です。
しかも高価でもあるので丁寧に運び出したいですね。

 

できるだけ安く介護ベッドを運びたいなら、引越し業者に依頼するのがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

引越し業者一括見積もりをすれば、あなたのお住いの地域にある複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。

 

あまり知られていませんが、引越し業者には介護ベッドだけを2階から1階へ運んでくれるサービスをしているところもあります。

 

しかし、すべての引越し業者がこのサービスをしているわけではありません。
介護ベッドだけでも運んでくれる引越し業者を探したい時も、一括見積もりなら簡単です。

 

24時間思いついた時に見積もり依頼ができますので、介護や仕事で忙しい方にもピッタリです。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの時期と費用の関係

 

引越し時期

 

3月は引越しの繁忙期、いえ綿密に言うと2月の終わりから4月の頭までが繁忙期です。
ではどうして3月が繁忙期なのでしょうか?

 

それは4月の新学期に向けて、引越しする人が3月に集中するからです。

 

大学受験を終えた新大学生や就職活動を勝ち抜いた新社会人は、4月の新学期から新しい環境に飛び込みます。
その準備のために学校や会社の近くで一人暮らしをしたり、寮に入ったり、シェアハウスに入居したりと引越しをするのです。

 

さらに日本の企業は全国展開のところが多く、春と秋に人事異動があります。
春の人事異動がちょうど4月をスタートにするため、やはり3月に転勤・単身赴任のサラリーマンが移動します。

 

これに通常の引越しも加わって、3月の引越しは1年で1番の繁忙期となるのです。

 

繁忙期には引越し業者もスタッフを増やしたり、残業したりして何とか仕事をこなそうとしますがそれでも間に合わない日も。
そういう日は予約を受け入れてもらえないことさえあります。
もし繁忙期の引越しするなら準備は早めに行ってくださいね。

 

繁忙期は通常期よりも引越し費用が高めに設定されているのも納得です。

 

ベッドや冷蔵庫などの単品の配送も繁忙期は高くなる傾向があるので、できればこの時期は避けた方が良いです。

 

 

介護ベッドをレンタカーで運ぶ

 

レンタカー エレクトーン

 

介護ベッドだけならレンタカーで運べば安いのでは・・・?と思いますね。
実際のところどうなのでしょう?

 

まずレンタカーでの引越しは引越し先が近いことが大前提です。
遠いとトラックをレンタルして引越しする手間と費用が見合いません。

 

普通運転免許では2t未満のトラックしか運転できません。
軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmです。介護ベッドの大きさは長さ191cm×幅91cmで軽トラックの荷台ではギリギリのサイズです。
1tトラックか2tトラックであれば載せられますが、トラックの運転に慣れていないと大きなトラックの運転はかなり怖いですね。

 

介護ベッドを運ぶときの一番の問題は重さです。
電動の介護ベッドは70〜100kgとかなり重く、トラックの荷台に積み込むのも大変です。
1人ではできませんので2〜3人手伝ってくれる人がいるかがポイントです。

 

費用面ではトラックのレンタル料は1日7000〜10000円が一般的です。
さらにガソリンを最後に満タンにしてレシートを提示して返却しなければなりません。

 

これらを踏まえて考えると、@介護ベッドの配送先が近所、Aトラックの運転に自信がある、B手伝ってくれる人が2〜3人いることなどが条件です。物件の廊下が狭いなどベランダから搬入しなければならない時は、引越し業者に依頼しましょう。

 

 

引越し業者の訪問見積もり

 

引越し 訪問見積もり

 

今はネットでも見積もりが一般的になりましたが、以前は引越しの見積もりといえば訪問見積もりが主流でした。

 

やはり百聞は一見にしかずとは言いまして、実際の物件や荷物の量を見ながら行うので金額の見積もり金額が正確です。

 

他にも廊下が狭くて運び出せない荷物があるとか、前の道が狭くてトラックが入れないとかそういう所も引越し金額を左右します。

 

介護ベッドはかなり大きくて重いですし、玄関が狭いなどの事情がある場合はベランダから入れることもあります。

 

ネット一括見積もりが主流ではありますが、今でも立ち合い見積もりをされる方もいます。
しかしちょっと心配になることも。

 

・営業の方に押しに負けて契約してしまったけど、他のところのほうが安くてサービスも良さそう。
・ダンボールを沢山置いていかれたので、断れなさそうで契約するしかなさそう。

 

しかし引越し業者の契約にもクーリングオフが出来ますし、キャンセルも出来るはずです。
契約書に書いてあるはずなのでご確認くださいね。
ダンボールも使わなければ返却することが出来ますから、全く気負う必要はありません。

 

やはり最後は人が決め手になりますから、この人にお願いしたいなという営業さんを選んでくださいね。

 

 

 

 

学習机 引越し クレーン 引越し ドラム式洗濯機 配送 2段ベッド 配送 ドラム式洗濯機 引越し